2021年 京の桜「堀川遊歩道」

「堀川(ほりかわ)」は京都市内を南北に流れる淀川水系の河川です。第二次世界大戦後の下水道の整備などにより水流はほぼ消滅していましたが、平成になってから水流を復活させる事業が行われかつての景観が復活しています。「堀川遊歩道」は、二条城の東大手門の向かい、車道よりも低い位置に整備された、姉小路通~一条通付近にかけて続く水辺の遊歩道です。その遊歩道界隈には、多品種の桜が植えられています。(撮影:202…

続きを読む

2021年 京の桜「京都府立植物園」

北山通りから、府立植物園を抜けて南側の北大路通りへ出てバスに乗る目的で、植物園北側の「賀茂川門」から入り、「桜林」の脇を抜けました。満開桜の下では、家族連れなど、想定外の人数・組が桜を愛でている様子を目にしました。少々の密状態、大丈夫かなと心配しながら・・・・・   (撮影:2021年4月1日) …

続きを読む

2021年 京の桜「賀茂川西堤(上賀茂橋~北山大橋)」

「上賀茂橋」で、賀茂川堤の西側に移動しました。「葵祭の祭列(路頭の儀)」が上賀茂神社へ向かう賀茂街道です。京都三大祭の一つ、葵祭について。葵祭行列保存会と葵祭行列協賛会は3月15日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年に続いて5月15日の「路頭の儀」(行列巡行)を中止すると発表しています。(撮影:2021年4月1日) …

続きを読む

2021年 京の桜「賀茂川東堤(御園橋~上賀茂橋)」

昨年は4月3日に訪ねています。賀茂川に沿って東側の道を御薗橋~上賀茂橋~北山大橋へと下って(南へ)行きます。この道の名はわかりません。上賀茂橋付近の鴨川堤防では桜のトンネルができていました。桜のトンネル道を歩いたり川堤に下りて賀茂川沿いの遊歩道を歩くなど満開桜を楽しみました。御薗橋~上賀茂橋間の東側の道は下り一方通行ですので、比較的安心感があります。(撮影:2021年4月1日) …

続きを読む

2021年 京の桜「上賀茂神社」

一の鳥居周辺には、上賀茂神社のシンボルとも言える紅枝垂「斎王桜」をはじめ、4月上旬が見頃の「御所桜」などの枝垂れ桜が花開きます。京都三大祭のひとつ賀茂祭(葵祭)で知られる上賀茂神社は、正式名称「賀茂別雷神社神社(かもわけいかづちじんじゃ)」といい、創建はかなり古く、平安京が造営される以前から先住していた、賀茂族の氏神として祀られたのが始まりだといわれています。世界文化遺産(古都京都の文化財)世界…

続きを読む

東寺 別格本山「観智院」

「食堂(じきどう)」の北側にある北大門から北総門までの参道は、櫛笥小路(くしげこうじ)といい、平安時代以来そのままの幅で残っている京都市内ただひとつの小路です。その小路の東側に建つのが、観智院です。「観智院(かんちいん)」は、教王護国寺(東寺)の塔頭の第一で、別格本山です。延慶元年(1308)後宇多法皇が東寺西院に3年間参籠され、21院を建立されたうちの一つで杲宝(ごうほう)を開基とする。代々学…

続きを読む

2021年 京の桜「東寺 (3/3)」

「東寺」で親しまれているお寺ですが、教王護国寺が正しい名前です。 東寺(教王護国寺)は真言宗の総本山で平安遷都とともに延暦15年(796)に羅城門の東に東国(左京)の鎮護のために建てられたのが始まりで、平成6年(1994)に世界文化遺産に登録されました。(撮影:2021年3月30日) …

続きを読む