京都、明智光秀終焉の地に近い 「小栗栖城跡」

後に、明智光秀を討ったとして歌舞伎等に描かれる“百姓長兵衛”とは、いったい何者なのか。明智光秀は山崎合戦の敗走後、勝竜寺城に籠るかと見せかけて坂本城を目指します。巨椋池の湿地帯を乗り切って小栗栖街道を山科川沿いに山科へ出て大津、坂本へ向かう手筈です。その途中の醍醐寺周辺から山科まで広範囲にその終焉推定地は及びますが小栗栖明智藪にて土民の手(落武者狩り)によって落命したというのが一般的。その「土民…

続きを読む

京都、明智光秀ゆかりの地「明智藪」

明智光秀が最期を遂げた「明智藪(あけちやぶ)」と呼ばれる場所が伏見区小栗栖小阪町の住宅街のはずれにあり、石碑も建てられています。1582年6月2日、明智光秀は本能寺の変にて、織田信長と織田信忠の親子を討ちました。しかし、中国大返しで戻って来た羽柴秀吉との山崎の戦い(天王山の戦い)に敗れてしまいます。そのとき、撤退した勝竜寺城から夜陰に紛れて落ち延び、明智光秀の主従らは本拠地の近江・坂本城に急ぎま…

続きを読む

京都、明智光秀ゆかりの地「本経寺(小栗栖)」

「本経寺(ほんきょうじ)」は、伏見区にある、日蓮本宗の寺院です。境内には明智光秀の供養塔と駐車スペースがあるということで、明智藪とセットで訪ねました。本経寺は、永正3年(1506年)に要法寺11世・日法が建立した寺院だそうです。江戸時代には一度火災で焼失したこともあるそうですが、その後再建され現在に至っていると。建立が永正3年ということは・・・明智光秀が小栗栖で討たれ、命を落とした頃には既に存在…

続きを読む

京都、“本能寺趾”への道すがら

四条烏丸から西側の四条通は、鉾見物で訪ねる「新町」迄までしか歩いたことがありませんでした。 中京区元本能寺南町の「本能寺跡」を訪ねて四条烏丸交差点⇒室町交差点⇒月鉾保存会前⇒四条新町交差点⇒四条西洞院交差点⇒油小路通りを右折(北へ)し、本能寺跡へ。本能寺跡からは、蛸薬師通りを左折(西へ)⇒空也堂⇒中京警察署 東堀川交番と京都市立堀川高等学校の間を抜け⇒堀川通蛸薬師へ。 (撮影:2019年9月7…

続きを読む

京都、「明智光秀」ゆかりの“本能寺(寺町)”

中京区寺町通御池下る本能寺前町にある「本能寺」は、法華宗本門流の大本山で、応永22年(1415)、日隆上人によって創建されました。当初は「本応寺」と称していましたが、永享5年(1433)、六角大宮に移転した際、「本能寺」と名を改め、更に天文14年(1545)、油小路蛸薬師一帯に広大な寺域を得て大伽藍を復興しました。本寺は、天正10年(1582)、織田信長が明智光秀によって襲撃(本能寺の変)され、…

続きを読む

京都、「明智光秀」ゆかりの“本能寺趾”

「本能寺」は織田信長が明智光秀の襲撃により非業の最期を遂げた場所です。 本能寺の変の際に全焼した本能寺は、すぐに再建にかかりましたが、現在地の寺町御池ではなく、1582年(天正10)ごろは堀川四条の近くにあり寺域は東西150メートル、南北300メートルありました。現在、寺町にある本能寺は秀吉によって場所が移されたものです。 元の本能寺(京都市中京区元本能寺南町)は、その後本能小学校がこの地にあり…

続きを読む

京都、明智光秀ゆかりの地「光秀塚(首塚)」

明智光秀の塚(首塚)は、京都市東山区梅宮町の白川に面している「和菓子屋・餅寅(この塚を管理していて、店では光秀饅頭を販売しています。)」さんの横の「東梅宮 明智光秀墳(ひがしうめのみやならびにあけちみつひでのふん)」という石標から少し奥へ進むと細い道の脇に、明治の頃に造られた小さな「光秀公祠」、五輪塔状の光秀の首塚、「長存寺殿明窓玄智大禅定門」と光秀の戒名が刻まれた石碑が立っています。祠の中には…

続きを読む