アクセスカウンタ

きまぐれ爺、京都 Photo Blog

プロフィール

ブログ名
きまぐれ爺、京都 Photo Blog
ブログ紹介
金はないが、たっぷりの自由時間。
写真撮影・家庭菜園にと隠居生活を楽しんでいます。
写真は、主に京都・滋賀の風景を撮っています。

※お断り 2007年1月26日に始めたブログ。
12周年目を迎えました!!
古い記事(2007年・2008年)の写真を一部削除していますので「Image Data」と表示される箇所があります。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
2019年 平安神宮節分祭(4/5) 「鬼の舞-2」
2019年 平安神宮節分祭(4/5) 「鬼の舞-2」 「大儺之儀」で追い祓われたはずの邪鬼たちが再び応天門から侵入し境内一円をわがもの顔で暴れまわりますが、遂には市民代表による打豆にあって追い祓われた鬼達は応天門へと逃げていきました。 二世茂山千之丞師が構成演出を担当し、茂山社中の扮する鬼たちの舞は圧巻でした。(撮影:2019年2月3日) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/17 05:00
2019年 平安神宮節分祭(3/5) 「鬼の舞-1」
2019年 平安神宮節分祭(3/5) 「鬼の舞-1」 15時になると。無事に邪気を追い払い閉ざされていた「応天門(おうてんもん)」から6匹の鬼達が境内に侵入し、子供達を脅かしながら、勢いよく暴れ回ります。相当の勢いで動くため、ピンが追いつけないシーンも多々。 この頃から、少し雨が落ち始めてきました。(撮影:2019年2月3日) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/16 05:00
2019年 平安神宮節分祭(2/5) 「大儺之儀-2」
2019年 平安神宮節分祭(2/5) 「大儺之儀-2」 この後「鬼やろう・追い払う)!」という「方相氏」の掛け声を全員で復唱しながら斎場の周りを3度回り、鬼(邪気)を追い払う作法を行いながら「応天門」の外へと一行は出て行き、門外でも同様の(桃の弓や杖を使った)作法を行い、「大儺之儀(だいなのぎ)」は終了しました。(撮影:2019年2月3日) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/15 05:00
2019年 平安神宮節分祭(1/5) 「大儺之儀-1」
2019年 平安神宮節分祭(1/5) 「大儺之儀-1」 平安神宮節分行事「大儺之儀(だいなのぎ)」とは… 後に「追儺(ついな)」あるいは「鬼やらい」といわれるこの行事は、遠く平安朝のころより朝廷の祓の行事として、旧暦正月の前日、つまり現在の立春の前日、節分の日に行われていたものです。 この行事は、昭和49年、故猪熊兼繁(いのくまかねしげ)京都大学名誉教授の時代考証によって復元されたもので、平安朝当時の「大儺之儀」が式次第、作法、祭具、衣裳にいたるまで綿密に再現されており、平安京の正庁である朝堂院を模した平安神宮の社殿にて行われることには、大きな意... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/14 05:00
京都、先斗町
京都、先斗町 「先斗町」と書いて「ぽんとちょう」と読みます。 先斗町は三条通の一筋南から四条通まで通じる鴨川にそった南北500メートルあまりにわたる細長い通りのことを指し、京都における著名な花街の一つです。先斗町の語源については、東が鴨川(皮)、西が高瀬川(皮)、皮と皮にはさまれた鼓を叩くとポンと音がするのをモジって、ポント町の名が生まれたとも、ポルトガル語のPONTからきているとも言われています。 この地に水茶屋が初めてもうけられたのは正徳二年(1712)の頃といわれ、初めは高瀬川を上り下りする高瀬舟の... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/13 05:00
京都、「錦天満宮」「元立誠小学校」
京都、「錦天満宮」「元立誠小学校」 錦の天神さん「錦天満宮」、約200坪の境内には、京の街のど真ん中にありながら、四季折々の花々が咲き、地中からは良質な名水・錦の水が湧きでています。繁華街唯一の鎮守社として「智恵・学問・商才の神様」「招福・厄除け・災難除けの神様」として近隣の方々をはじめ、国内・海外からの参拝も多い親しみやすい神社です。 (撮影:2019年2月1日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/12 05:00
京都、「錦市場」を歩く
京都、「錦市場」を歩く 久しぶりに“にしき”を西(大丸裏手)から東(錦天満宮)へ縦断歩きしました。 10時を少し回った早めの時間帯。人影は疎らでしたが、所々で、訪日観光の若者グループを目にしました。 年中賑わいを見せる「錦市場」。“京の台所”と呼ばれるように、古くから京都の食文化を支え続けてきました。 「錦市場(にしき いちば)」は、京都市中京区のほぼ中央に位置する錦小路通のうち、「寺町通〜高倉通」間の食品販売中心の商店街です。魚、京野菜といった生鮮食材のほか、乾物や漬物、おばんざい(京言葉で日常の惣菜)などの加... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/11 05:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

きまぐれ爺、京都 Photo Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる