2020’琵琶湖畔のカンザキハナナ(寒咲花菜)

毎年、訪ねている滋賀県守山市琵琶湖畔の「第一なぎさ公園」の寒咲花菜。面積約4,000㎡の畑に12,000本ほど植栽されています。菜の花+びわ湖+比良山の雪とのコントラストを望みたいところですが、今年は、雪無しの比良山。また、見頃は例年1月下旬~2月上旬頃ですが、暖冬のためか、少し早いようです。最近はインスタ映えで、人気のスポットになりつつあります。 (撮影:2020年1月20日) …

続きを読む

「日本大判写真展 2020」へ行きました

『日本大判写真展』2020は、京都市美術館/本館が改修工事中のため、京都市美術館/別館に移しての開催でした。大判写真は6×4.5センチ以上のロールフイルムを使用する中判カメラ、および4×5インチ以上のシートフイルムを使用する大判カメラで捉えた『銀塩フイルムによる美しい自然風景のカラーとモノクロ作品』と、今年度から新たに『35mmカメラによる作品』が加わった写真展です。展示は撮影禁止ですが、カラー…

続きを読む

確定申告の準備

新年も15日が過ぎれば、世俗に引き戻されます。暮れに「重要 税務署からのお知らせ」という、おどろおどろ し・い通知が大阪国税庁から届きました。35年程前から、毎年確定申告を行っています。その間、3度ばかり、申告内容確認のため、「東山税務署」に呼ばれたことがありましたが、近年は全く平穏無事に終始していました。開いて見ると・・・・【便利な電子申告(e-Tax)のためのID・パスワード発行のためのご案…

続きを読む

2020年 ジャンボ門松 「近江神宮」

滋賀県大津市にある「近江神宮」は、第38代の天智天皇によって営まれた大津宮の跡地に建てられた神社です。祭神として祀られる天智天皇は、大化の改新を実行し激動の人生を歩んだ運命開拓の神といわれます。また日本で最初の時計・漏刻を採用した事から時の守護神ともいわれています。アニメ化もされた人気漫画「ちはやふる」の舞台としても注目の神宮です。 『正月の準備を始める「事始め」の13日、大津市神宮町の近江神…

続きを読む

京都駅ビル、新春点描

昨年、京都駅ビル大階段の4階に位置する「室町小路広場」に巨大な門松が飾られていました。京都鉄道博物館からの帰路・・・・今年もあるかな?と思い立ち寄りましたが、設置無し!。また、昨年は 「京都駅前地下街ポルタ広場」にも、ジャンボサイズの和モダンな門松風の正月飾りが設置されていましたが。今年は無し!(撮影:2020年1月6日) …

続きを読む

京都鉄道博物館 新年「SL頭出し展示」

京都鉄道博物館では、冬のイベントとして1月2日(木)から6日(月)までの間、扇形車庫での「SL頭出し展示」が開催されていました。頭出しは、 扇形車庫の8番線から20番線に保存・展示されているSLの先頭部を、扇形車庫から出した状態で展示。国旗が掲出されています。同博物館前身の梅小路蒸気機関車館時代から続く正月の伝統行事で、同館が保管する23両のSLのうち、菊のご紋や鳳凰(ほうおう)の装飾を施した「…

続きを読む

2020年 京の大門松 「大丸 京都店」

暖簾に見る「創業享保二年」は、1717年で、創業300年を超えた老舗百貨店です。下村彦右衛門正啓が、京都伏見の生家に古着商「大文字屋」開業した年を指しています。(株)大丸と(株)松坂屋は2007年(平成19年)に経営統合し、現在は持株会社「J.フロント リテイリング(株)」となり、「大丸」は、J.フロントリテイリンググループの百貨店の屋号となっています。大丸の門松は少し趣が違います。左には、白梅…

続きを読む