京都、明智光秀ゆかりの地「明智藪」

明智光秀が最期を遂げた「明智藪(あけちやぶ)」と呼ばれる場所が伏見区小栗栖小阪町の住宅街のはずれにあり、石碑も建てられています。
1582年6月2日、明智光秀は本能寺の変にて、織田信長と織田信忠の親子を討ちました。しかし、中国大返しで戻って来た羽柴秀吉との山崎の戦い(天王山の戦い)に敗れてしまいます。そのとき、撤退した勝竜寺城から夜陰に紛れて落ち延び、明智光秀の主従らは本拠地の近江・坂本城に急ぎました。しかし、その途中、竹藪を通りがかった際に、落武者狩りの農民から襲撃されて、落命したとする説が一般的になっています。
致命傷を負った明智光秀は落馬し、家臣・溝尾茂朝(溝尾庄兵衛、溝尾勝兵衛)の介錯を受けて自刃したといわれます。
その明智光秀が絶命したとされる場所が、伏見城からもほど近い「小栗栖」であるとされます。
竹中半兵衛の嫡男・竹中重門の記録には下記のようにあります。
『里の中道の細きを出て行くに、垣ごしにつきつける槍、明智光秀の脇にあたりぬ。 されど、さらぬ体にてかけ通りて、三町(300m程度)ばかり行き、里のはずれにて、馬よりころび落ちけり』と。<「歴史観」HPより>
現在の明智藪は、竹藪を所有している本経寺によって、1994年に土砂崩れ防止の工事が行われ、片方だけに竹藪が見受けられる感じになっています。明智光秀が本当に、ここ小栗栖で命を落としたのかは別として、6月14日の丑の刻(午前2時)頃、明智光秀が襲撃された場所は、地元では「明智藪」として伝わっています。 場所は現在ある本経寺の東側の崖下にあたる小高い山の斜面にあり、今では畑に行くための小道のようで、車が入ることはできません。大型のブルドーザーが斜面の工事をしていました。昨年の台風21号により藪一帯が崩壊損傷したことに関する補修等の工事だとか。(撮影:2019年9月12日)
dscf2220.jpg
dscf2218.jpg
dscf2217.jpg
dscf2221.jpg
dscf2228.jpg
dscf2223.jpg
dscf2230.jpg
dscf2227.jpg
dscf2246.jpg
dscf2243.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント