きまぐれ爺、京都 Photo Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 高松、「栗林公園」(1/3)

<<   作成日時 : 2017/08/04 05:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

国の特別名勝に指定されている文化財庭園の中で、最大の広さを持つ栗林公園は、高松藩主松平家の別邸として、歴代藩主が修築を重ね300年近く前に完成しました。緑深い紫雲山を背景に6つの池と13の築山を巧みに配し、江戸初期の回遊式庭園として、すぐれた地割り、石組みを有し、木石の雅趣に富んでいます。
一千本もの見事な手入れ松とともに“一歩一景”といわれる変化に富んだ美しさを醸し出します。
栗林公園の平庭部の広さは、東京ドーム3.5個分にあたる約16.2ヘクタール。これだけでも大名庭園の中では最大級ですが、背景となっている紫雲山を含めた面積は、なんと東京ドーム16個分の約75ヘクタールにも及び、文化財に指定された庭園の中では日本一の大きさを誇ります。(うどん県旅ネット)(撮影:2017年7月29日)


画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます!
栗林公園、社会人になった間もなく訪れたことがありますが、遠く昔のこと、ほとんど記憶に残っていません。とにかく広大な庭園であったこと、松や刈込が行き届いていたこと、池…、そんなことぐらいですが、画像を通して蘇えってきました。昔は、観光と言うとこういうところでしたが…。下から2枚目、中景の松あたりが明るく撮れていていいですね。ありがとうございました。
茜雲
2017/08/04 07:57
おはようございます。
小学校の修学旅行で訪ねたことを思い出しましたが、ただ、広く何も無いという印象しか残っていませんでした。
今回訪ねて、松の手入れ、池の配置、背景の紫雲山と、隙の無い見事な造園と感心。この歳になって、やっと分かる大人の庭でした。
京都御所の松も見事ですが・・・・栗林公園は、凄い!
ありがとうございました。
茜雲さんへ
2017/08/05 06:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
高松、「栗林公園」(1/3) きまぐれ爺、京都 Photo Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる