アクセスカウンタ

きまぐれ爺、京都 Photo Blog

プロフィール

ブログ名
きまぐれ爺、京都 Photo Blog
ブログ紹介
金はないが、たっぷりの自由時間。
写真撮影・家庭菜園にと隠居生活を楽しんでいます。
写真は、主に京都・滋賀の風景を撮っています。

※お断り 2007年1月25日に始めたブログ。
古い記事(2007年・2008年)の写真を一部削除していますので「Image Data」と表示される箇所があります。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
京都、「粟田神社」
京都、「粟田神社」 「粟田神社(あわたじんじゃ)」は、スサノオノミコト・オオナムチノミコトを主祭神として祀り、厄除け・病除けの神と崇敬されています。京都の東の出入口である粟田口に鎮座する為、古来東山道・東海道を行き来する人々は旅の安全を願い、また道中の無事を感謝してお参りされ、いつしか旅立ち守護・旅行安全の神として知られるようになりました。 粟田神社祭には神輿に先行して剣鉾が巡行します。剣鉾は祇園祭の山鉾の原形と云われており、 室町時代には祇園会が行われない際は粟田祭をもって御霊会としたと伝えられていますが、一説... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/01/19 05:00
旧東海道ちょこっと歩き、「逢坂山峠越え」(4/4)
旧東海道ちょこっと歩き、「逢坂山峠越え」(4/4) 逢坂山関所跡公園から200mほど京都寄りの所に「蝉丸(せみまる)神社」があります。 実は、蝉丸神社はこの辺りに、「蝉丸神社村社」「蝉丸神社上社」「蝉丸神社関社」と3社あります。 「旧村社 蝉丸神社」と「「上社(かみしゃ)」「「関蝉丸神社」、3社は、2qぐらいの範囲にあり、併せて“蝉丸神社”と総称する場合もあります。 蝉丸は平安時代の琵琶の名手で、今昔物語や謡曲「蝉丸」によると、目が不自由であったにもかかわらず、音曲の神として崇められました。 『小倉百人一首』にその歌が収録されていること... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/18 05:00
旧東海道ちょこっと歩き、「逢坂山峠越え」(3/4)
旧東海道ちょこっと歩き、「逢坂山峠越え」(3/4) 「逢坂の関」は、「不破の関」や「白川の関」などと並んで文化的、歴史的に有名な関所の一つです。 また、平安時代から蝉丸法師や清少納言など多くの歌人がこの関を歌った歌枕の地としても有名。 関所は平安時代後期まで存続したらしいが、近世に道が掘り下げられた事などから、関のあった場所は現在では定かではありません。しかし、逢坂2丁目の長安寺付近にあった関寺と逢坂関を関連付ける記述が更級日記や石山寺縁起に見られる事などから関寺の付近にあったと見られています。 なお、これとは別の滋賀県大津市大谷町の国... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/17 05:00
旧東海道ちょこっと歩き、「逢坂山峠越え」(2/4)
旧東海道ちょこっと歩き、「逢坂山峠越え」(2/4) 追分を過ぎると、旧東海道は国道1号線に吸収され、ここからは国道に沿ってだらだら坂を登り「逢坂山峠」へ向かいます。右側から・・・歩道・国道・京津電車道・名神高速が併走しています。 日当たりも悪く、峠の方から冷たい風が下ってきており、道路脇の植物には霜が。(撮影:2017年1月7日) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/16 05:00
旧東海道ちょこっと歩き、「逢坂山峠越え」(1/4)
旧東海道ちょこっと歩き、「逢坂山峠越え」(1/4) 3年振りでしょうか。ウオーキングを兼ねて国道1号線に沿い、旧東海道を京都と滋賀の県境(山科)から「逢坂(おうさか)山峠」を通り大津まで約5q、テクテク歩きしました。(撮影:2017年1月7日) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/15 05:00
京都、「寺町通」寺院寸描
京都、「寺町通」寺院寸描 にぎやかな街の喧騒の中で、どこか落ち着いた雰囲気のある寺町通は、平安京の東京極大路にあたります。 天正18年(1590)に豊臣秀吉が応仁の乱で焼け果てた都を整備する時、点在していた寺院を一つの地域に集め整備した場所が現在の寺町通りです。北は鞍馬口から南は五条通まで全長約4.6Kmの通り。 東側のほとんどは寺院で占められていて、その数約80ケ寺になります。 天寧寺から少し下り、出町までの間の寺町通りで、少し目を引いた寺を覗き見しました。(撮影:2017年1月6日) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/14 05:00
京都、「上御霊神社」(2/2)
京都、「上御霊神社」(2/2) 四脚門(南門)は、伏見城の四脚門を移築されたものと伝えられています。(撮影:2017年1月6日) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/13 05:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

きまぐれ爺、京都 Photo Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる