2021年 京の桜、初見参「山科一之宮 岩屋神社」

京都市山科区大宅中小路町にある「岩屋神社」は山の中腹にあるため、遠くからも桜が咲いていることが窺えます。初めて訪ねました。『本殿背後の山腹に奥之院あるいは岩屋殿と呼ばれる陰陽2つの巨巌があり、これを磐座として祀ったのが当社の起源である。社伝では、仁徳天皇31年の創建と伝えられる。寛平年間、陰巌に栲幡千千姫命、陽巌に天忍穂耳命を祀り、岩前の小祠に饒速日命が祀られた。これは、物部氏系の大宅氏が、山科…

続きを読む

浜大津港

浜大津駅に着いたところ・・・・京都方面行きの電車が出た後だった。次の時間待ちの間、駅のデッキから琵琶湖を眺めていた。(撮影:2021年3月24日) …

続きを読む

2021年 京滋の桜「長等公園」

「三井寺」を辞して浜大津駅へ向かう途中、少し逸れて「長等公園」に寄ってみました。奥の方まで行こうと思ったものの、多くの園児が目に入ったもので、公園入り口で諦め駅へ向かいました。「長等公園(ながらこうえん)」は、長等山麓にある公園で、敷地内には三橋節子美術館や尾蔵寺、柳谷観音両国寺があります。明治35年(1902)に滋賀県で最初の公園として開園されて以降、多くの人々が集まる憩いの場となっています。…

続きを読む

2021年 京滋の桜「三井寺(園城寺) (5/5)」

「三井寺(正式には長等山園城寺)」は古代最大の内乱・壬申の乱で敗れ自害した、大友皇子の子・大友与太王によって創建されました。大友与太王は、父を弔う為自身の田園城邑(じょうゆう)を寄進し、天武天皇より園城寺の名を与えられたとされています。表玄関である仁王門をくぐると石段の奥には国宝「金堂」が目に入ってきます。仁王門は琵琶湖に向かい東面して建つのに対し、金堂は南面して建っているため最初は金堂の側面が…

続きを読む

2021年 京滋の桜「三井寺(園城寺) (4/5)」

唐院伽藍の四脚門と三重塔です。唐院は智証大師によって唐からもたらされた経巻や法具などを収め伝法道場としたもので、四脚門・三重塔のほか、大師堂・潅頂堂が重要文化財に指定されています。三井寺境内は数々の時代劇ロケ地にもなっていて、特に唐院周辺は雰囲気もたっぷりです。唐院・四脚門へと続く石畳は『石榴坂の仇討ち』に、三重塔の周辺は『るろうに剣心』のロケ地として選ばれたそうです。最近では、NHK朝ドラ「お…

続きを読む

2021年 京滋の桜「三井寺(園城寺) (3/5)」

「観音堂」から眺望の良い階段を下り、元和2年(1616)の建立で、極彩色に荘厳された優美な建築で重要文化財の「毘沙門堂」を経て唐院・金堂へ向かう途中には、三井寺の別所寺院の一つ「微妙寺」があり、湖国十一面観音霊場の第一番札所となっています。微妙というのは仏教用語では「みみょう」と読み、言葉では言い表せないほど不思議で素晴らしいという意味があるそうです。(撮影:2021年3月24日) …

続きを読む

2021年 京滋の桜「三井寺(園城寺) (2/5)」

三井寺の金堂や唐院の南側の高台には「観音堂」が建っています。本尊は、重文・平安時代で、33年ごとに開扉される秘仏「如意輪観音」で、西国33ヶ所霊場の第14番札所としても広く信仰を集めています。琵琶湖を眺望する境内には元禄2年(1689)再建の観音堂を中心に諸堂が並び札所伽藍が形成されています。・百体堂/宝暦3年(1753) ・鐘楼/文化11年(1814) ・観月舞台/嘉永3年(1849) ・絵馬…

続きを読む