きまぐれ爺、京都 Photo Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 京の花ハス「東寺」 '2017

<<   作成日時 : 2017/07/15 05:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

平安京の正門にあたる羅城門の東西に、都の左京と右京を守る王城鎮護の為、また東国と西国とを守る国家鎮護の寺として、「東寺」と「西寺」という2つの官立寺院が建立された事を始まりとします。
その後「西寺」は早い時期に衰退しました、「東寺」は823年(弘仁14)に嵯峨天皇から真言宗の宗祖である弘法大師空海へ下賜され、そこからは国家鎮護の寺院であるとともに、真言密教の根本道場となりました。
東門を入った所にある重要文化財「宝蔵」は、掘割で囲まれた中に建っている平安後期建立の校倉寄棟造、本瓦葺倉庫で、東寺最古の建造物です。
京都の風景には欠かせない東寺の五重塔。東門近くの堀が蓮の葉と花に覆われ、ハス越しの国宝五重塔とのコラボは夏だけの風情です。 (撮影:2017年7月5日)


画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます!
塔の入れ方、2番目、3番目ぐらいがいいですね。ハスの存在感も損なわれてないように思います。左側、柳でしょうか。これもいいですね。ありがとうございました。
茜雲
2017/07/15 08:07
おはようございます。
毎年訪ねていますが、撮りどころ、アングルがほぼ決まってしまいますので、立ち位置を少しずつずらしてみる。塔の大きさを工夫するぐらいしか無いように思っています。右側の、柳の取り入れ方でも絵が変化します。
ありがとうございました。
茜雲さんへ
2017/07/16 06:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
京の花ハス「東寺」 '2017 きまぐれ爺、京都 Photo Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる