きまぐれ爺、京都 Photo Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 京のみどり「門前白川道」 ’2017

<<   作成日時 : 2017/06/16 05:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

新門前通は知恩院へと続く門前通りで、西の大和大路から東の東大路通まで全長およそ400メートル。
この間に古美術商が20数件建ち並び、京都随一の骨董品街として知られています。
明治以降、外国人観光客に目をつけた古美術商が次々と集まり、現在のような街ができあがりました。
街のシンボルとしてだるまのマークを掲げているため、外国人観光客からは「ダルマストリート」とも呼ばれ親しまれています。ウィンドウショッピングだけでも充分に楽しめるスポットです。
名前は知恩院の表門前の通りを古門前通と呼ぶことに対してつけられたとか。
多くの家は「新門前通」に面し、裏側は白川に接しています。白川沿いに歩いています。(撮影:2017年6月6日)


画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます!
川沿いの植物、これだけ暑くなると涼しげで良いですね。川に差し掛かった木々の緑、特にそう思います。
私も、昨日は岐阜県の渓流を訪ねてきましたので、余計に感じます。ありがとうございました。
茜雲
2017/06/16 10:27
ここは、前日投稿の「祇園白川」のように観光客・前撮り撮影隊が押しかける場所とは違いますので、京都の白川沿いの佇まいが感じられる静かな通りです。
骨董店のショーウインドウを覗き歩きするのも良い、大人の通りでしょうか。
ありがとうございました。
茜雲さんへ
2017/06/17 06:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
京のみどり「門前白川道」 ’2017 きまぐれ爺、京都 Photo Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる